結婚相談所で結婚を考えるタイミング

ルールとは

お見合いをして、お互いに気に入り交際をすることになれば、お互いの連絡先を交換します。この時のマナーとして、ファーストコールは男性がします。また、交際して理由もなく交際を断ったり、直接自分でお断りをすることもマナー違反です。 交際中に、結婚の口約束をしたり、泊まりがけでの旅行、婚前交渉、一緒に暮らし始めるなどの行為は成婚が成立したとみなされます。成婚が成立した場合には、成婚料の支払いや結婚相談所を退会する必要があります。 このように、結婚相談所を利用する際にはいくつかのルールやマナーがあるのですが、プロポーズにかかわる重要なルールが、交際してから、3ヶ月以内に結婚をするかどうかを決める必要があるという点です。これは、基本的にどこの結婚相談所でも同じです。このルールがあるために、結婚相談所で成婚している人は3ヶ月以内に成立しているのです。 3ヶ月は短いと感じる人もいるかもしれませんが、通常の恋愛とは違い、結婚を考えている人同士であるため、決して短い期間とも言えません。ダラダラと交際を続けていたのではいつまでたっても結婚ができないということも起こってしまいます。 ただ、結婚相談所を利用して交際まで発展すれば、3ヶ月以内に婚約をするかを決め、プロポーズをしたり、プロポーズの承諾をする必要があるということです。交際中にはしっかりと相手と話し合い、一緒に生活していけるのかを確認し、早く決断をする必要があります。